フラッシュ脱毛の歴史

 

1983年、アメリカのハーバード大学、ロックス・アンダーソン博士が生みだしたレーザー脱毛は、ニードル脱毛よりもリーズナブルにはなっていましたが、それでもまだまだ高価でしたので、誰でも挑戦する事ができるようにはなっておりませんでした。よりリーズナブルな価格で、より安全に、誰にでも脱毛ができるように開発されたのがフラッシュ脱毛になります。

フラッシュ脱毛はレーザー脱毛が誕生してから5年後の1988年に誕生しました。レーザーの光を弱くして安全性を確保しただけではなく、一度の照射でより広範囲に施術する事ができるように改良したために、レーザー脱毛よりもリーズナブルな料金と短時間での施術を実現する事ができました。

フラッシュ脱毛は、現在の日本では医師免許などは必要ありませんので、講習を受けたエステティシャンの方が行えるため、人材の確保が容易であることや、レーザー脱毛やニードル脱毛よりも施術時間が短いので、お店の回転数が挙げられる事、脱毛マシンの値段がレーザー脱毛やニードル脱毛よりもリーズナブルなこと、ニードル脱毛やレーザー脱毛のように医療行為に入りませんので、環境にもそこまでお金をかける必要がない事などから、非常にリーズナブルな価格を実現する事ができているのです。