脱毛の歴史

 

最近では中学生や小学生の方でも行う事が珍しくなくなってきた脱毛ですが、どれくらい前から脱毛が行われてきたかご存知でしょうか。良く映画や漫画などで昔の人の体毛が凄かったような描写が現れるので、近年になってからと答える方が多いのですが、実は脱毛の方法は現代とは大きく異なりますが、脱毛と呼べる物は2万年ほど前からあったと考古学的には言われております。

2万年ほど前の時代には、鋭利に尖らせた石器などで切断していたり、貝殻を使って肌から削り取るような脱毛方法だったと言われています。紀元前3世紀頃になるとシュメール人の文明でピンセットのような毛抜きを使って脱毛していた事が発見されている他、古代アラビア文明では、縄を脱毛したい部分の上に転がす事によって、縄目の撚りにムダ毛が挟まる性質を利用して脱毛していた事が発見されております。

日本ではどれくらいの時期から脱毛があったかが確認できるのかというと、平安時代に二枚貝のハマグリの外縁部を使って額の生え際を整えるための脱毛が文献で残っている最初の脱毛になります。その後、江戸時代中期になると、体毛全般が敬遠されるようになり始め、眉を抜いて薄くするかったい眉という文化が大流行しました。

現在では、光を利用したレーザー脱毛やフラッシュ脱毛、ニードル脱毛などが主流となっており、エステサロンで行われているフラッシュ脱毛は信じられないくらいリーズナブルな価格で利用できるようになっております。そこでこちらのページでは、現在主流になっている脱毛方法の歴史についてをご紹介します。


▼ 脱毛関連ピックアップサイト ▼
長期的効果のある脱毛ケアをしたい場合は、医療レーザーを使った脱毛が主流と言えます。全身脱毛を行っているクリニックも多く、こちらの美容皮膚科クリニックもその一つです → 医療レーザー 全身脱毛